皮膚科診療

皮膚のトラブルは早めに対処しましょう。

湿疹や爪白癬など、放置しておくと重症化します。
湿疹や爪白癬(つめはくせん)など、放置しておくと重症化します。早めに検査、治療をしましょう。

増えている皮膚のトラブル

足白癬(水虫)などを長期間放置すると爪の中に白癬菌が侵入して爪白癬症になります。
爪が白色や褐色になり分厚くなり、一度発症するとなかなか治りづらい病気です。
爪の形状が変わり、靴を履くときに痛みが出たり、菌をばらまいてしまったりする可能性がありますので、できるだけ早めに対処しましょう。
爪白癬症は塗り薬や飲み薬などで改善できます。
また、当院では、湿疹、かぶれ、アトピー性皮膚炎などの治療も行います。
湿疹にはさまざまな原因がありますので、まずは診察を受けましょう。

日常生活に気を付ける

爪白癬を予防するには、足白癬(水虫)を放置しないことが大切ですが、普段から足の指の間も石鹸でよく洗い、通気性を良くしておくことが予防にもなります。

inq.png

inq_spp.png

鼻からできる経鼻内視鏡検査

動脈硬化測定検査・骨密度測定検査

診療時間・アクセス